五月人形とひな人形のあれこれ

節句

豊富なひな人形が揃う専門店を利用するなら【京都島津】

日本の節句というものは、昔より本当に大事にされてきたものでした。それは祭事の時であったり、そして何かのお祝いごとで会ったりとそういった時には必ず日本という国はお祝いをして、しっかりと人間として文化を伝統させてきたのですね。そしてその中でも、生まれた後に、割とすぐにある伝統というものが今でも受け継がれているものがあります。それは五月人形とひな人形というものの文化です。
この五月人形とひな人形というものの文化というものは、いったいどのようなものだったのかというと、基本的には昔からずっと続くものであって、その成り立ちであったり、人形の意味合いというものは変わってはいません、ひな人形は女の子の節句のときにかざるもの、そして五月人形は男の子の節句のときに飾るものでした。

今の現代でもこのひな人形と五月人形の風習をしっかりと受け継いでいる家庭というのはどのくらいあるのでしょうか??私のお家なんかでは割とこの風習がしっかりと行われてきたのですが、しかしながら周りではしていないという人もいます。
今日はそんな五月人形とひな人形というものの文化をもう一度確認することで、その意味合いであったり、理解を深めていくという事をしていきたいとおもっています。それでは次のページより、この二つの目出度い人形のお話しをしていきたいと思います。